資格試験にチャレンジして選択肢を広げよう

今超就職氷河期の中、学生たちがあえいでいます。国内市場は頭打ちでこれからどんどん萎んでいくのに、当の学生達は海外に行きたがらない。そして、海外進出を余儀なくされている企業は国内の学生に見切りをつけて、外国人留学生を雇い始めました。留学生ならば、最低でも3ケ国語喋れる人材は豊富にいるからです。また、将来的に中国やベトナム進出を考えたときに、非常にプラスになるからです。日本人学生の語学力と言えば、OECDで最低クラス。これじゃ就職活動以前の問題です。もっと真剣に取り組まないと就職はおぼつかないでしょう。そこで就職、独立の大きな武器になるのが資格取得です。資格持っていれば、学生時代の成績がそれほどふるわなくても、役に立たない学校の成績が良い生徒よりも、やる気がある人物とみられることは間違いないでしょう。「就活・就職・転職・再就職に勝つ資格試験情報バンク」では人気の稼げる資格を中心に資格試験情報紹介して行きます。資格を持っていると、就職・転職や待遇面で有利になることはもちろん、不況の時の武器にもなり、さらには独立開業の道も開けます。また、趣味でのサイドビジネスへの展開もできます。趣味からビジネスへ広がればこんないいことありませんよネ。最近では資格試験・取得などの通信教育業者の教材や国の補助金などの支援策などが充実してきています。雇用状況もどんどん厳しくなり、改善したとしても、雇用のミスマッチは解消しないと思われますので、資格試験に挑戦し、自分の選択肢を広げておきましょう。

スポンサードリンク


気象予報士カテゴリの記事一覧

●13歳で気象予報士試験合格・・資格試験情報

気象予報士、試験免除も・・資格試験情報

気象予報士資格試験の合格発表が'09/3/6日にあり、横浜市港南
区の山崎一哉君(13歳7ヵ月)=栄光学園中学校1年=が合格し、
これまでの最年少記録の14歳を塗り替えました。


今回の合格者は272人で94年に始まった気象予報士資格試験の合格
者はこれで7,311人となり、合格率は6.0%。最年長は74歳でした。


ということで、気象予報士資格は今もっともホットな資格試験と言え
るでしょう。


気象予報士 資格試験の詳細を見てみましょう。
 
●気象予報士 資格試験

○受験資格・・無し、誰でも受験できます。

○試験科目・・1.学科試験(多岐選択式)

1-1.予報業務に関する一般知識。

1-2.予報業務に関する専門知識。

2.実技試験(記述試験)・・

2-1.気象状況およびその変動の把握。

2-2.局地的な気象の予想。2-3.台風等、緊急時における対応。

●試験時期・・例年1月下旬と8月下旬に2回実施されています。

●試験の免除・・学科試験において、一般、専門のいずれか、また
は両方に合格した場合は、合格発表日から1年以内に行われる当該
学科試験が免除されます。また、気象業務に関する業務経歴や資格
を有する場合には学科試験の一部あるいはすべてが免除の対象とな
る場合があります。


世界の経済・ビジネスはいまや詳細な気象予報なしに成り立たなく
なっています。

中でも注目を集めているのが世界最大の天気情報会社・ウェザーニ
ューズの目玉は「10分天気予報」。

情報源のひとつが、なんと数万人のネット会員からの生情報で、
リアルタイムで収集して予報しています。

あの「ゲリラ豪雨」も、80%も的中しました。

そして今、「花粉情報」など会員たちの情報を利用した高精度予報
をさらに進化させています。

このように気象予報士のニーズはますます高まり裾野を広げていま
す。

また、気象の知識は仕事関連だけでは無く、地域社会のボランティ
ア活動やご家庭生活、レジャー等のプライベート・ライフにも役立
てることができます。

プライベートからビジネス最先端まで活躍できる気象予報士
資格試験目指してみてはどうでしょうか(*^_^*)
気象予報士試験過去問..etc.
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。