資格試験にチャレンジして選択肢を広げよう

今超就職氷河期の中、学生たちがあえいでいます。国内市場は頭打ちでこれからどんどん萎んでいくのに、当の学生達は海外に行きたがらない。そして、海外進出を余儀なくされている企業は国内の学生に見切りをつけて、外国人留学生を雇い始めました。留学生ならば、最低でも3ケ国語喋れる人材は豊富にいるからです。また、将来的に中国やベトナム進出を考えたときに、非常にプラスになるからです。日本人学生の語学力と言えば、OECDで最低クラス。これじゃ就職活動以前の問題です。もっと真剣に取り組まないと就職はおぼつかないでしょう。そこで就職、独立の大きな武器になるのが資格取得です。資格持っていれば、学生時代の成績がそれほどふるわなくても、役に立たない学校の成績が良い生徒よりも、やる気がある人物とみられることは間違いないでしょう。「就活・就職・転職・再就職に勝つ資格試験情報バンク」では人気の稼げる資格を中心に資格試験情報紹介して行きます。資格を持っていると、就職・転職や待遇面で有利になることはもちろん、不況の時の武器にもなり、さらには独立開業の道も開けます。また、趣味でのサイドビジネスへの展開もできます。趣味からビジネスへ広がればこんないいことありませんよネ。最近では資格試験・取得などの通信教育業者の教材や国の補助金などの支援策などが充実してきています。雇用状況もどんどん厳しくなり、改善したとしても、雇用のミスマッチは解消しないと思われますので、資格試験に挑戦し、自分の選択肢を広げておきましょう。

スポンサードリンク


●消費生活アドバイザー資格試験、難易度4/5比較的易しい・・資格試験情報

●消費生活アドバイザー資格試験実施要領・・資格試験情報

○試験実施団体・・(財)日本産業協会


○資格名称・・消費生活アドバイザー


○試験日・・一次試験(択一、語群選択穴埋め)10月上旬、(合格発表
は11月上旬)二次試験(小論文・面接)11月下旬、(合格発表は
2月上旬)


○試験地・・札幌市、東京都、名古屋市、大阪市、福岡市


○合格率・・19.0%(H18年度)。


●試験科目・・○法律知識(消費生活に関する法律)消費者行政の
基本である消費者保護基本法や消費者問題に関係している法律、新
法や法改正、現行法の問題点などを、社会背景と消費者問題、法律
の制定なを理解して把握しているか。

出題分野は次の通りです。


●消費者保護基本法の目的と内容

●消費者問題とかかわりのある民法

●消費者保護関係主要法令の目的と内容

●独占禁止法と消費者保護の関連について

●消費者紛争の解決に関する諸制度です。

また、消費者問題に関係する主な法律には、次のようなものがあ
ります。

●自治体の消費者保護条例。

●消費者の安全確保に関する法律。
・食品衛生法・農薬取締法・飼料の安全性の確保および品質の改善に
関する法律・薬事法・化学物質の審査および製造等の規制に関する
法律・ガス事業法・消費生活用製品安全法・電気用品取締法・有害物
質を含有する家庭用品の規制に関する法律・道路運送車両法・建築基
準法・消防法、etc..

※消費生活アドバイザー資格試験は大学受験のような定員制ではない
ので、合格できる実力をつければ初めてのチャレンジで合格すること
十分可能です。
生涯学習のユーキャン「消費生活アドバイザー」資格無料請求
消費生活アドバイザー試験実施機関(財)日本産業協会主催の通信講座..etc.
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。