資格試験にチャレンジして選択肢を広げよう

今超就職氷河期の中、学生たちがあえいでいます。国内市場は頭打ちでこれからどんどん萎んでいくのに、当の学生達は海外に行きたがらない。そして、海外進出を余儀なくされている企業は国内の学生に見切りをつけて、外国人留学生を雇い始めました。留学生ならば、最低でも3ケ国語喋れる人材は豊富にいるからです。また、将来的に中国やベトナム進出を考えたときに、非常にプラスになるからです。日本人学生の語学力と言えば、OECDで最低クラス。これじゃ就職活動以前の問題です。もっと真剣に取り組まないと就職はおぼつかないでしょう。そこで就職、独立の大きな武器になるのが資格取得です。資格持っていれば、学生時代の成績がそれほどふるわなくても、役に立たない学校の成績が良い生徒よりも、やる気がある人物とみられることは間違いないでしょう。「就活・就職・転職・再就職に勝つ資格試験情報バンク」では人気の稼げる資格を中心に資格試験情報紹介して行きます。資格を持っていると、就職・転職や待遇面で有利になることはもちろん、不況の時の武器にもなり、さらには独立開業の道も開けます。また、趣味でのサイドビジネスへの展開もできます。趣味からビジネスへ広がればこんないいことありませんよネ。最近では資格試験・取得などの通信教育業者の教材や国の補助金などの支援策などが充実してきています。雇用状況もどんどん厳しくなり、改善したとしても、雇用のミスマッチは解消しないと思われますので、資格試験に挑戦し、自分の選択肢を広げておきましょう。

スポンサードリンク


カラーコーディネーターカテゴリの記事一覧

●カラーコーディネーター検定3級は独学でも可能・・資格試験情報

カラーコーディネーター検定、色彩検定合格即就職ということはありません・・資格試験情報


色彩検定には易しい順に3級、2級、1級があります。

●3級の検定内容は、

1.色彩と生活・・色彩の働き 

2.光と色・・光と混色

3.色彩調和・・配色の基本的な考え方、色相を手掛かりにした配色、
トーンを手掛かりにした配色、明度を手掛かりにした配色、彩度を手
掛かりにした配色、配色の基本的な用語

4.インテリア・・インテリアと色彩、インテリアのカラーコーディ
ネーション

5.色の表示・・色の三属性と色立体、マンセル表色系、PCCS、
色名、慣用色名、

6.色彩心理・・色の心理的効果、色の持つ視覚効果

7.ファッション・・ファッション概論、ファッションと色彩、
ファッションカラーコーディネート 

8.環境・・環境色彩、環境色彩が目指す色彩の働き、エクステリア
環境色彩の基礎。


●2級の検定内容は、

1.色彩と文化・・ヨーロッパと日本の色彩文化

2.光と色・・光の性質、視覚系の構造、色覚説、照明、混色、技術

3.色彩調和・・配色技法:類型的な配色、色相分割の配色

4.ファッション・・ファッション概論、ファッション企画、ファッ
ションと配色、ファッションと流行色

5.色の表示・・オスワルト表色系、NCS,XYZ表色系の入門、
色名、慣用色名

6.色彩心理・・色の知覚的効果、心理的評価方法

7.インテリア・・インテリアデザインと色彩・・etc.


3級は独学でも十分に合格できる試験ですが、出題は多岐にわたっ
ていますので、計画的な学習が必要です。


また、カラーコーディネーター検定は資格即、就職可能という
類のものではありません。スキルアップのための資格ととらえ
方が良いでしょう。


ただ、経験を積んで独立開業する場合には強力なアピールポイ
ントとなります。

カラーコーディネーター テキスト、過去問etc.

ユーキャンの講座資料無料請求。色彩の知識ゼロの方でも、基礎からマスター本格的通信講座です。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。