資格試験にチャレンジして選択肢を広げよう

今超就職氷河期の中、学生たちがあえいでいます。国内市場は頭打ちでこれからどんどん萎んでいくのに、当の学生達は海外に行きたがらない。そして、海外進出を余儀なくされている企業は国内の学生に見切りをつけて、外国人留学生を雇い始めました。留学生ならば、最低でも3ケ国語喋れる人材は豊富にいるからです。また、将来的に中国やベトナム進出を考えたときに、非常にプラスになるからです。日本人学生の語学力と言えば、OECDで最低クラス。これじゃ就職活動以前の問題です。もっと真剣に取り組まないと就職はおぼつかないでしょう。そこで就職、独立の大きな武器になるのが資格取得です。資格持っていれば、学生時代の成績がそれほどふるわなくても、役に立たない学校の成績が良い生徒よりも、やる気がある人物とみられることは間違いないでしょう。「就活・就職・転職・再就職に勝つ資格試験情報バンク」では人気の稼げる資格を中心に資格試験情報紹介して行きます。資格を持っていると、就職・転職や待遇面で有利になることはもちろん、不況の時の武器にもなり、さらには独立開業の道も開けます。また、趣味でのサイドビジネスへの展開もできます。趣味からビジネスへ広がればこんないいことありませんよネ。最近では資格試験・取得などの通信教育業者の教材や国の補助金などの支援策などが充実してきています。雇用状況もどんどん厳しくなり、改善したとしても、雇用のミスマッチは解消しないと思われますので、資格試験に挑戦し、自分の選択肢を広げておきましょう。

スポンサードリンク


●第二種電気工事士の資格試験は技能と筆記の2つの試験があります・・資格試験情報

第二種電気工事士の技能試験は持参した作業用工具により、配線図
で与えられた問題を支給される材料で、一定時間内に完成させる方
法で行い、次の項目の全部あるいは一部を試験します。

@電線の接続 
A配線工事 
B電気機器及び配線器具の設置 
C電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法 
Dコード及びキャブタイヤケーブルの取付け 
E接地工事 
F電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定 
G一般用電気工作物の検査 
H一般用電気工作物の故障箇所の修理 
です。

●第二種電気工事士で筆記試験免除となる場合があり、次の通りです。

1.前年度筆記試験に合格している者。
2.高等学校、高等専門学校、大学等で、経済産業省令で定める
電気工学の課程を修めて卒業した者。
3.第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状の取得者。
4.鉱山保安法第18条の規定による試験のうち、電気保安に関する
事項を分掌する係員の試験に合格した者。
5.旧自家用電気工作物施設規則第24条第1項(ヘ)及び(ト)の
規定により電気技術に関し相当の知識経験を有すると認定された者。
6.旧電気事業主任技術者資格検定規則による電気事業主任技術者
の有資格者。

ですが、詳細については、必ず受験案内書、HP、を確認してください。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。