資格試験にチャレンジして選択肢を広げよう

今超就職氷河期の中、学生たちがあえいでいます。国内市場は頭打ちでこれからどんどん萎んでいくのに、当の学生達は海外に行きたがらない。そして、海外進出を余儀なくされている企業は国内の学生に見切りをつけて、外国人留学生を雇い始めました。留学生ならば、最低でも3ケ国語喋れる人材は豊富にいるからです。また、将来的に中国やベトナム進出を考えたときに、非常にプラスになるからです。日本人学生の語学力と言えば、OECDで最低クラス。これじゃ就職活動以前の問題です。もっと真剣に取り組まないと就職はおぼつかないでしょう。そこで就職、独立の大きな武器になるのが資格取得です。資格持っていれば、学生時代の成績がそれほどふるわなくても、役に立たない学校の成績が良い生徒よりも、やる気がある人物とみられることは間違いないでしょう。「就活・就職・転職・再就職に勝つ資格試験情報バンク」では人気の稼げる資格を中心に資格試験情報紹介して行きます。資格を持っていると、就職・転職や待遇面で有利になることはもちろん、不況の時の武器にもなり、さらには独立開業の道も開けます。また、趣味でのサイドビジネスへの展開もできます。趣味からビジネスへ広がればこんないいことありませんよネ。最近では資格試験・取得などの通信教育業者の教材や国の補助金などの支援策などが充実してきています。雇用状況もどんどん厳しくなり、改善したとしても、雇用のミスマッチは解消しないと思われますので、資格試験に挑戦し、自分の選択肢を広げておきましょう。

スポンサードリンク


●歯科助手資格は取得した方が採用には有利・・資格試験情報

歯科助手資格は自信を持つためにも取得しておこう・・資格試験情報

歯科助手資格は国家資格ではありませんが、民間の団体が認定
する資格がいくつかあります。↓

1.歯科助手・・

(社)日本歯科医師会が設定した「歯科助手資格認定制度」をも
とに日本歯科医師会の承認を得た、各都道府県歯科医師会や民
間の専門学校での講習を修了することで取得可能です。

乙種第一、乙種第二、甲種の3種類があります。


2.歯科 医療事務管理士・・

(株)技能認定振興協会が主催する「歯科 医療事務管理士 技能
認定試験」 に合格した方に与えられる資格です。

受験資格は特になく、誰でも受験可能です。

例年6回(奇数月の第4土曜日)試験が行われています。

資格講座会社の講座を修了することで、在宅受験可能になること
もありますので、要チェックです。


何度も繰り返しますが、歯科助手の仕事をするには歯科助手資格
は必要ありませんが、自信を持って仕事を遂行するためには取得
がベターです。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。