資格試験にチャレンジして選択肢を広げよう

今超就職氷河期の中、学生たちがあえいでいます。国内市場は頭打ちでこれからどんどん萎んでいくのに、当の学生達は海外に行きたがらない。そして、海外進出を余儀なくされている企業は国内の学生に見切りをつけて、外国人留学生を雇い始めました。留学生ならば、最低でも3ケ国語喋れる人材は豊富にいるからです。また、将来的に中国やベトナム進出を考えたときに、非常にプラスになるからです。日本人学生の語学力と言えば、OECDで最低クラス。これじゃ就職活動以前の問題です。もっと真剣に取り組まないと就職はおぼつかないでしょう。そこで就職、独立の大きな武器になるのが資格取得です。資格持っていれば、学生時代の成績がそれほどふるわなくても、役に立たない学校の成績が良い生徒よりも、やる気がある人物とみられることは間違いないでしょう。「就活・就職・転職・再就職に勝つ資格試験情報バンク」では人気の稼げる資格を中心に資格試験情報紹介して行きます。資格を持っていると、就職・転職や待遇面で有利になることはもちろん、不況の時の武器にもなり、さらには独立開業の道も開けます。また、趣味でのサイドビジネスへの展開もできます。趣味からビジネスへ広がればこんないいことありませんよネ。最近では資格試験・取得などの通信教育業者の教材や国の補助金などの支援策などが充実してきています。雇用状況もどんどん厳しくなり、改善したとしても、雇用のミスマッチは解消しないと思われますので、資格試験に挑戦し、自分の選択肢を広げておきましょう。

スポンサードリンク


●ケアマネージャーの資格試験はマークシート方式・・資格試験情報

ケアマネージャーの資格試験は職業、実務経験により免除も・・資格試験情報

ケアマネージャーの職場はその他に

・一般病院、診療所
・ホームヘルパー派遣会社
・福祉用具販売、レンタル会社
・有料老人ホーム・移送サービス会社などです。

ケアマネージャーの資格試験はほとんどの都道府県で、マークシート
方式を採用、論文や実務試験はありません。

なおこのケアマネージャーの資格試験は実務研修受講資格を得るため
のもので、合格後、研修を終了し、登録したあと、介護支援専門員証
の交付を受けて、初めてケアマネージャーとしての活動が可能となり
ます。

ケアマネージャーの試験期間は年一回、10月下旬の日曜日に実施さ
れます。

試験内容は

・介護支援分野25問
・保健医療サービス分野基礎15問
・保健医療サービス分野総合5問
・福祉サービス分野15問

となっていますが、実務職種(医師・歯科医師・社会福祉士・・etc. )
や実務経験により免除される科目がありますので、事前チェックして
おきましょう。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。